私は今に至るまでいろんな素晴らしい音楽と出会ってきました。それによって人生が救われたこともあるし、価値観が変わったことも、声が変わったこともあり ます。そのきっかけをくれたのは、音楽仲間やネット、生徒さんや街の有線放送など様々です。私がいいと思う音楽や歌がどんな人にとっても良い訳はありませ んが、ここに紹介する音楽やアーティストなどが誰かの何かのきっかけになればと思います。

 

David Phelps 「Gentle Savior」

こえぶろぐで、自分が良いと思ったアーティストを紹介してゆこうと思った時に真っ先に頭に思い浮かんだのはこの Daivid Phelpsでした。日本ではさほど知名度が高くありません。・ボイストレーナーの方や一部の声マニアの方には絶賛されていると思います。

彼は、いわゆるポップ・ロック系のシンガーではありません。キリスト教の曲ばかりを歌うクリスチャンシンガーです。そのせいで彼の音楽性の素晴らしさがあまり知られていないのは残念なことです。

彼がいわゆるポップスをほとんど歌わないでいることで(歌うこともたまにあります)、彼の歌は色んな欲・エゴなどから解き放たれた美しいものとなっています。もちろん、欲だらけの歌やエゴむき出しの歌が人の心を打つこともあります。しかし、ここ何十年と音楽の世界はあまりにも欲やエゴにまみれすぎたように思います。彼の歌を聴くと、僕などとても叶わない声と技術を持っていながら、そこに溺れることなく、誠実に一声一声を音楽に捧げているところに大きく心動かされます。

技術の面でも、歌い手としての心の持ち様の面でも、とても自分に大きな刺激とヒントを与えてくれるシンガー、それがDavid Phelpsです。どうぞ最後までゆっくりと落ち着ける状態で聞いて頂けたらと思います。また、他の動画もぜひ検索して聞いてみて下さい!!