ボイストレーナー育成コースを受講されたDAISUKEさんが、サイトをオープンされました。

本人の希望で見学はまだ少し続けられるかと思いますが、コースは修了されました。

必要な知識はもちろんのこと、トレーナーとして一番大切な「耳」を持った方で、お世辞抜きに今後の活躍を期待できる方です。

ご自身のサイトには書かれていませんが、有名なアーティストのバッグコーラスを務めたこともあるそうです。

それを売り文句にしたりせず、一人ひとりの生徒さんと誠実に出会いたいというDAISUKEさんの姿勢が素晴らしいし、それだけご自身のボイストレーナーとしての在り方に手ごたえを感じていらっしゃるのだと思います。

今は、無料モニター生を期間限定で募集されているようなので、ボイトレに興味があるけどなかなか一歩を踏み出せない方や、今まで他の先生に習ったけど上手くならなかったという方など、是非一度DAISUKEさんのレッスンを体験してみて下さい!

オススメです!!!

DAISUKEさんのサイト「声産新書
(モニターレッスン生募集のページ)

声産新書

VoiceLab. のボイストレーナー育成コース

 

また、DAISUKEさんから、ボイストレーナー育成コース受講の感想を頂きましたので、下に載せさせていただきます。

とても長い文章を頂きました。

DAISUKEさんの熱い思いが伝わってきて、ちょっとウルッとしました。

これからボイストレーナーを目指される方、今ボイストレーナーの方、声や歌に悩んでいる方・興味のある方、自分の生き方に迷いのある方、・・・・・・いろんな方に読んで頂きたいです。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

ボイストレーナー育成コースを受講し、先日修了したDAISUKEと申します。

私は元々植村先生の生徒として長年レッスンを受講してきました。もちろん他のボイストレーナーのレッスンも受けてきましたし、その中にはとても著名な方もいました。

そんな中私がなぜボイストレーナーを目指し、Voice Lab.のボイストレーナー育成コースを受講するに至ったのか、そしてコースを修了しての率直な感想を以下綴らせていただきます。

私がボイストレーナーを目指した理由は大きく2つあります。一つ目は植村先生に師事したおかげで自分の声や歌が劇的に変わりました。

それは単に歌がうまくなったとかいい声が出るようになったというレベルの話ではなく、もっともっと本質的な意味でです。

言葉にするのは難しいですが、これを今度は自分が声や歌を良くしたい人に伝えていきたいと思ったからです。

そして、もう一つは人の人生をよりよいものにする一端を直接的に担える仕事だからです。

どんな仕事も必ず誰かの役に立っているのは間違いないとは思うのですが、時には成長を喜び、時には共に悩み、関わる一人ひとりの人生を共有できる仕事はなかなかないのではないかと思います。
 

次にボイストレーナー育成コース受講しての感想を綴らせていただきます。
 

・ボイストレーナーとして必要なスキルをしっかりと学ぶことができる。

これは基本的なことのように思えますが、主観に頼り教えている人、書籍やWEB上に書いてある事柄を理解せず、表面だけを教えてる人も少なからずいるので 正しい知識を学ぶのがとても難しい業界だと思います。 そんな中、フースラーメソードはじめ、数々のメソッドを研究し、自分の中にしっかりと落とし込まれてる植村先生から学べるのはトレーナーを志す上で非常に強みになると思います。
 

・教える側の人間として大切なことを学ぶことができる。

スキルがあったとしても人としてのマナーや誠実さがなければ、ボイストレーナーとしてやっていくのは厳しいと思うので 、20年以上ボイストレーナーとして活動され続けている姿、その中で大切にされていることを直接学べる場所は他になかなかないと思います。
 

・レッスン見学をすることができる。

まずはトレーナーとしてやっていくための技術的なこと等を育成コースのカリキュラムの中で学んだ後になるとは思いますが、実際に植村先生が生徒さんにレッスンされている空間を共有させていただくと、得るものが多くあります。

具体的には先生と生徒さんを第三者の視点から見ることで、座学や自主練習とは全く違った目線や心境でレッスンを体感することができ、生徒さんの声に対し先生と自分が感じていることの擦り合わせができ、自分ならどう伝えるだろうというシュミレーションができます。

そして同じ事柄でも生徒さんごとにカスタマイズして伝えてらっしゃる姿はものすごく勉強になります。また非常に驚いたのですが、レッスンに集中することで自分自身の発声や歌にもいい影響が出ました。 

そして、最後にVoice Lab.ボイストレーナー育成コースを受講して一番感じていること、皆さまにお伝えしたいことを綴ろうと思います。

15年ほど前から今に至るまでボイストレーニングの世界はほぼ「ミックスボイス」「高音発声」にフォーカスされていると思います。

高い声が得意な人がボイストレーナーとして名声を得、高い声が得意な人がシンガーとしてもてはやされています。

もちろん生徒さんの要望として最も多いであろう「高音開発」について、トレーナーとして導いていくスキルは必要かと思いますが、ボイストレーナーの本質的な存在意義はそこにあるわけではないと今強く感じています。

植村先生をボイストレーナーとして最も素晴らしいと思うのは、一人ひとりの等身大の気持ちが反映された「声」や「歌」を何より尊重されるからです。

もちろんその「等身大の声や歌」を成長させるために様々な発声指導や歌唱指導をされるのですが、それは「高音発声」「ビブラート」「フェイク」などのスキルありきの指導では決してありません。

技術的なことばかりに特化した指導では生徒さんの気持ちに寄り添いつつ進むのは非常に難しいと思います。

そして技術的な指導に偏ると生徒さんは「できない」事に挫折する可能性も高くなると思います。

植村先生はボイストレーナーとしてキャリアの中で世の中が「ミックスボイス」「高音発声」という潮流の中にいる間もずっとその信念を強く持って指導されてきました。

一人ひとりの等身大の気持ちが反映された「声」や「歌」の先に感動が待っており、「高音発声」「ビブラート」「フェイク」という事柄自体に感動がある訳ではないと私自身も学ぶことができました。

皆さんも植村先生そして私と一緒にボイストレーニングの価値観を変えていきませんか?

「声」や「歌」の本質に向き合い生徒さんに伝えていきませんか?

きっと育成コースを受講され、修了されると今私が感じている気持ちを共有していただけると確信しております。

最後になりましたが、長い間とても誠実に丁寧に惜しむことなく指導してくださった植村先生ありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします。