ORIONのYouTubeチャンネルで、

玉置浩二さんの「メロディー」の弾き語り動画をアップしました。
 

この曲は最高音がF#で、

あまり高い声が出にくい人でもやりやすい場合が多いのと、

玉置さんの情感豊かな歌から

歌に感情を込める練習としてもやりやすく、

時々、レッスンで課題曲に選びます。

 

 

先日、久し振りにレッスンでこの曲を取り上げました。

(生徒さんの方からこの曲をやりたいと提案があったのですが)

その方はすでにもうある程度歌える方だったのですが、

より深い歌の世界を知ってほしくて、

少し見本で私が歌ってみることにしました。 

 

軽くAメロを歌いました。

すると、その生徒さんは、
 

「ちょっとマジこれショックです。うわぁ、こんな世界があるのかぁ!」
 

と衝撃を受けられました。

今まで感じてた歌の世界と違うものを感じられたんだと思います。

 

 

例えば、インスタントラーメンしか食べたことがない、という人が

評判のお店で初めてラーメンを食べたなら、

「これが同じラーメンなのか!?」

となると思います。

 

テクニックや発声の理論、またはプロの人が語るの体験談などで想像するものと、

現実にそのものを生で体験し、味わうのでは、

まるで異なるのです。

 

普通、1m先の目の前で、

プロの歌い手が自分一人のために

本気で歌ってくれる、という体験はありませんよね。

 
私は、有名なアーティストとかではないですが、

歌を仕事として歌ってきた人間です。

心を集中させて歌えば、それなりの感動は起こせると思います。

 

 

昔、音楽学校の講師をしていた頃、

ある生徒さんのレッスンでマライヤ・キャリーの「Hero」を課題にしました。

そのレッスンでも見本に私が歌を歌いました。

レッスンの録音を聞いたその生徒のお母さんが、
 

「すごい!○○ちゃんの先生、マライヤ・キャリーよりうまいやん!!」
 

と言っていたそうです。
 

「そんなこと、全然ないでぇ〜」

 

と照れて謙遜しつつも、

心の中では大喜びです( ´∀`)

そして、私はこう言いました。

 

 

「CDで聞くよりも、

生で聞く方が圧倒的に感動的なんだよ。

もし、マライヤ・キャリーがここに来て、

○○さん一人のためだけに本気で歌ってくれたら、

涙ちょちょぎれるよ!」

 

テレビや映画で、美しい女優さんやイケメンの俳優さんがカメラ目線で

「愛してる!」

と言うのを見て、心ときめくことがあると思いますが、

 

現実の世界で自分に向かって

「愛してる!」

と本気で言われたら、

 

人生が大きく変わることもあると思います。

 

 

いい音楽を聞くことはとても大切ですが、

自分のためだけにプロが本気で歌ってくれてるというのは

ものすごい体験です。

 

何百人〜何万人の人相手に歌っている人が、

自分のためだけに歌ってくれるのです。

身体と心全体で、「歌を歌う」という感覚を感じ取ることができます。

私も、音楽学校の生徒の時代、

亀渕友香先生や羽岡仁先生がレッスンで歌って下さって、

その本気を受け取って感動したことが何度となくあります。

おそらく、この『本気』を次の世代へと継いでゆくことが本当の意味での「レッスン」なんだと思います。

 

次は私の番です。

私が『本気』を伝えてゆかないといけません。 

別に歌ではなく違う形で伝えてゆく人もいると思います。
 

でも、私はダイレクトに「歌」を通じて伝えてゆきたいです。

 

歌うことも、

教えることも、

何も知らなかった昔の頃に

どんどん戻ってゆくような気がしています。

 

初めは、何にもわからないからこそ、

頭(理論)ではなく、身体と心全体で、

 

歌とも、音楽とも、生徒さんとも、向き合っていました。

声や歌について知らないこともまだ多々ある私ですが、

理論も追い求めつつ、『本気の歌』を通じて、生徒さんやお客さんと向き合いたいなと思っています。

 

 

 

……………………と、 

 

 

ハンパなくハードルを上げまくったうえで、

下に、玉置浩二さんの『メロディー』の

ピアノ弾き語りの動画を貼り付けておきます(^_^;)

歌の技術がどうとか、発声がどうとかではなくて、

「本気さ」を感じてもらえたらなと思います。

 

【ボイストレーナーが本気で歌ってみた】メロディー 玉置浩二 / covered by ORION (ピアノ弾き語り)