microphone-3500699_1920

レッスンを続けてゆくには、

モチベーションとお金が持続してゆかなくてはいけません。

生徒さんの経済的な面に関しては、

私がどうこうすることは出来ません……。

(もし出来たら売れっ子の経済的なコンサルタントになれますね)

でも、モチベーションの面は、

教える側にも大きく関わる問題です。

どんなレッスンをするかで生徒さんのモチベーションが下がったり上がったりします。
 

生徒さんのモチベーションが維持されることは、

生徒さんの成長のために欠かせないものです。

それと同時に、

教える側の経営面で考えてもとても大切なことです。

これが出来ないと生徒さんはすぐに来なくなってしまうからです。

かと言って、

生徒さんの気持ちに合わせてばかりでも、

レッスンがぐらんぐらんになってしまって、

かえって生徒さんを迷わせてしまったり、

成長を遅くしたりしてしまいます。

生徒さんの気持ちと、喉の具合と、レッスンですべきことを見極めながら

私はレッスンをしています。
 
 
 
 
最近、レッスンで、生徒さんの歌や声で

「おお!すごい!!」

と思うことが多くなりました。

 

生徒さんの成長といってもいろんなことがあります。
 

高い声が出るようになってきたり、

楽に声が響くようになってきたり、

音程やリズムがぶれにくくなったり、

など。

 

でも、私が一番嬉しいのは、その生徒さんが、

自分の声や歌を見つけたときです。

 

自分の声を見つけたときの「感動」はかなり衝撃的です。

 

レッスンをしている私も、

声を出している生徒さん本人も、

「なんじゃこりゃ!」

 

となります^^

この瞬間のためにレッスンをやっているといっても

過言ではありません。

でも、みんなも順風満帆でスイスイ上達したわけではなくて、
(そういう人もいますが)

これまでなかなか成長できなかったり、

先が見えなかったりした時があったのをよく知っているので、

「ここまでボクのレッスンや自分自身をよく信じて来れたなぁ……。」

と感慨深くなります。

 

beyond-3265854_1920

私のレッスンを信じて、ずっと続けていれば

必ず道が拓けるかというと、

残念ながらそんなことはありません。

それはどんなに素晴らしい先生でも、不可能なことです。

声や歌は、

先生が変えてくれるわけではなくて、

自分が変えるものだからです。

先生というのは、そのガイド役に過ぎません。

「こっちだよ!」とガイドしたところで、

その生徒さん自身が自らの足でそこにたどり着かなくては

なんの意味がありません。

新幹線や飛行機で一瞬にたどり着きたい気持ちは分かりますが、

そこにいたる道のりの中に、大切なものが秘められています。

 

「継続は力なり」

 

という使い古された言葉がありますが、

 

自分が「何のために」「何を続けているのか」がちゃんと理解できていれば、

道は必ず開けてくると私は信じています。

 

私はガイド役として、

未来にみんなが通るであろう道を示すということを

大切にしたいと思っています。
 

歌で、

声で、

ロジックで、

私は、みなさんの先輩に過ぎません。

たまたま先に興味を持って、

あれこれ調べたり、

試したり、

歌ったりしてきただけなのです。

声や歌を求める人なら誰もが通る道を

たまたま先に通りかかって、

みなさんと同じく迷いまくって、

試行錯誤しながら、

自分なりの地図を作り上げたに過ぎません。

 

そんなこんなを、ただただ、20年以上続けてきただけなのです。

 

そんな20年前とは異なり、

必要な情報は無料で家にいながらにして、

世界中から探し出すことができます。

どんな情報と出会うかは、

みなさんの運命なのかなと思います。

 

自分を超えてゆく生徒さんをこれからどんどんと見てゆきたいです。

そして、自分もその刺激でもっともっと成長してゆきたいと思うのです。